肌に優しい洗顔石鹸

敏感肌の友人は、洗顔するときは、いつも洗顔フォームではなく洗顔石?を使っています。洗顔フォームの方が使いやすいんじゃない?って聞いたら、洗顔石鹸の方が肌に優しいからって言います。以前、皮膚科に通っていた時もお医者さんから洗顔フォームよりも洗顔石鹸が良いといわれたらしいです。皮膚科の医師がそういうのだから洗顔石鹸は肌に良いのでしょう。

洗顔石鹸は、汚れはすっきり落とし必要な皮脂は残すというちょうどよい洗浄力が特徴です。洗顔石鹸には汗や皮脂を除去する界面活性剤が入っています。一方の洗顔フォームは洗浄力が強すぎて、汚れはすっきり落とせますが、肌に残さなければならない皮脂までも洗い流してしまいます。また、肌の保湿成分まで除去してしまうのです。これは、合成界面活性剤という添加物が含まれているからです。洗濯洗剤や食器洗い洗剤を使っているうちに手がカサカサになって荒れてきますが、これが合成界面活性剤の仕業です。でも洗顔フォームを使った方が肌が潤うという人がいますが、これは人工の保湿成分で一時期肌が潤っているだけで、皮脂の取りすぎをカバーしているだけなのです。だから、友人は肌に優しい洗顔石鹸を使っているんですね。

保育士求人 パート